fc2ブログ

2021 第1回ファントレ②

【 市川技術顧問による特別講習 】
    市川 発表ブログ
「 講習内容 」
< 近年、国が提唱するi-construction推進に向け、ドローンや地上レーザースキャナなどを使った測量や3次元への取り組みが始まる中、今後、3次元データや3次元設計が普及していくことが確実と考えられる。
 今回のファントレの題材には、甲府駅前再整備事業の取り組みを通して、この事業は現在の正確な3次元データを使った取り組みではないが、3次元による施工前と完成予想が施工前に確認できることの必要性と重要性を肌で感じてもらうこととした。
 パワーポイントを使って、甲府駅前再整備事業の前段として、事業の概要やコンセプトを説明。
次に、駅前の課題等に触れ、どのように課題の解消を行ったかについて具体的に説明した。
また、駅周辺の歴史的な変遷を見せながら、過去と現在の位置関係を確認した。
 この事業における駅前広場の再整備の中で、土地の立体的利用などによる環境空間の確保や駐輪場・シェルターなどの施設整備を説明する中で、特に歩道用シェルターの計画にはこだわりを持って取り組んだことを伝えた。
 途中、3次元データによる仮想空間表示システムのデモを見せながら、整備前と整備後を体験してもらった。
 最後に、土木におけるこれまでの平面図・横断図などの2次元のデータによる住民説明では伝わらないことも、3次元では充分に伝わることが今後必要となることと、仕事における多くの知識の蓄積を基に「こだわり」を持って業務に携わってほしいと結んだ。
>
 « 市川顧問 ≫

講習会参加しなかったこと、本当に残念です (´_ _`)シュン
内容を説明していただき、なお今思っています
平面で見るより立体的な方がイメージしやすいですし、
駅前工事中、よく子供の送迎で通っていたので、行くたびに変化していて、
戸惑うことが多かったこと、思い出します
「駅周辺の歴史的な変遷を見せながら過去と現在の位置関係の確認」とか
「3次元データによる仮想空間表示システムのデモを見せながら整備前と整備後を体験」 残念!! 

テーマ : 山梨 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)