fc2ブログ

H26第2回社内教育・訓練②

【 掘り出された出土品が語る歴史 】
どのような調査が行われているのか

講演-ブログ用
社内教育・訓練の26年2回目は遺跡調査についてです。
山本課長様より資料をプロジェクターを使って
詳しく説明をしていただきました。
発掘調査計画から現地打合せ、廃土置き場の確保等
調査に入るには沢山の問題を解決しなければいけない
と言うことが良くわかりました。
大変だと思いました。
弊社と関係がある測量について、
遺物が見つかった地点を測量します。
基準杭及びグリット杭を打説します。
平板測量で行うようですが、現在は光波測量も多くなっているそうです。
弊社のこれからの仕事にも参考になると思います。
山本課長様 ありがとうございました。

テーマ : 山梨 - ジャンル : 地域情報

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)